top

 

 スポンサードリンク

海の幸、北海道編

海の幸、北海道編
意外に知られていない名前も…


さけ   北海道の味覚を代表するだけに、その料理方法も豊富です。

石狩鍋  昆布だしに頭・あら・身ともぶったきりにし、野菜類、
     豆腐類を加え味噌味で煮る料理。

ルイベ  鮭の身を凍らした刺身で、皮をむいた切身を大きいままラップに包んで
     冷凍庫にて凍らし、少し解凍し刺身に造り、ポン酢・ワサビしょう油等で食べる。
     氷頭なます 頭の軟骨(氷頭)を 生のものは薄塩し、塩鮭は塩抜きし薄切にし
     酢で煮込んで、大根・人参の千切と酢であわせて食べる。

飯ずし  塩鮭と大根・人参・生姜・米・こうじ・酒・砂糖でつくる郷土料理。

笹ずし  焼いた塩鮭を寿司めしに混ぜ一口大にして、笹の葉で包む料理。

すじこ  いくら  鮭のたまご
     お母さんの体格の違いで、粒の大きさも味もことなります。
     漬け方もしょう油漬け・塩漬けがあります。その味付もメーカー独特の味付です。
     筋子・いくら」を小分けする際は、出来れば刃物を使用しない事をお勧めします。
     粒を壊す恐れがあり、うまみを逃がしてしまう事がございます。
     また 再凍結、再々凍結をくり返すと品質が急速に低下しますのでお勧め出来ません。

そい   北海道の鯛とも言われています。

うしお汁 頭・あらを適当な大きさに切り塩をして30分程おき 
     昆布と一緒に水から煮立て、           
     昆布とあくを取り除く。あらの煮加減をみて、塩・酒で味付し
     碗にネギ・わかめ・ゆずなどをあしらい盛り付けします。


     







  



インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
カテゴリ
過去記事
Mobile向けサイトはこちら