top

 

 スポンサードリンク

海の幸、北海道編

海の幸、北海道編
意外に知られていない名前も…


さけ   北海道の味覚を代表するだけに、その料理方法も豊富です。

石狩鍋  昆布だしに頭・あら・身ともぶったきりにし、野菜類、
     豆腐類を加え味噌味で煮る料理。

ルイベ  鮭の身を凍らした刺身で、皮をむいた切身を大きいままラップに包んで
     冷凍庫にて凍らし、少し解凍し刺身に造り、ポン酢・ワサビしょう油等で食べる。
     氷頭なます 頭の軟骨(氷頭)を 生のものは薄塩し、塩鮭は塩抜きし薄切にし
     酢で煮込んで、大根・人参の千切と酢であわせて食べる。

飯ずし  塩鮭と大根・人参・生姜・米・こうじ・酒・砂糖でつくる郷土料理。

笹ずし  焼いた塩鮭を寿司めしに混ぜ一口大にして、笹の葉で包む料理。

すじこ  いくら  鮭のたまご
     お母さんの体格の違いで、粒の大きさも味もことなります。
     漬け方もしょう油漬け・塩漬けがあります。その味付もメーカー独特の味付です。
     筋子・いくら」を小分けする際は、出来れば刃物を使用しない事をお勧めします。
     粒を壊す恐れがあり、うまみを逃がしてしまう事がございます。
     また 再凍結、再々凍結をくり返すと品質が急速に低下しますのでお勧め出来ません。

そい   北海道の鯛とも言われています。

うしお汁 頭・あらを適当な大きさに切り塩をして30分程おき 
     昆布と一緒に水から煮立て、           
     昆布とあくを取り除く。あらの煮加減をみて、塩・酒で味付し
     碗にネギ・わかめ・ゆずなどをあしらい盛り付けします。


     







  


勝浦のおいしい海の幸

千葉県勝浦市は海の幸が豊富でたくさんのおいしい魚が水揚げされます。
海の幸が豊富な勝浦では、特に鮮度の良い高品質の初カツオの供給基地として、 全国有数の水揚げを誇っています。水揚されたカツオは、「勝浦のカツオ」としてブランド化しており、高値で取引きされています。この他にも新鮮で豊富な水産物に恵まれております。

数多く水揚げされる魚の中でも私の一番のオススメ旬魚はなんといっても金目鯛!
脂がよくのった、ショッキングピンクの独特な色の身は、お刺身や皮をつけたまま湯引きする皮霜づくり、煮付け、塩焼き、ちり鍋、味噌漬け、干物、煮こごりなどバラエティーにとんだ料理に使われます。

機会があれば是非ご賞味下さい、
これからも各地のおいしい海の幸、山の幸にであうたびご紹介していきたいと思っています。  


マツタケ

マツタケ食べたことありますか?

マツタケ(松茸)はキシメジ科キシメジ属キシメジ亜属マツタケ節のキノコの一種。養分の少ない比較的乾燥した場所を好む。秋にアカマツやコメツガ、ツガ、ハイマツ、エゾマツなどの林の地上に生える。まれにクロマツ林にも生える。梅雨頃に生える季節外れのマツタケをサマツ(早松)と呼ぶ地方もある。菌糸体の生育温度範囲 5-30℃、最適温度 22-25℃。最適pH 4.5-5.5。菌糸の成長速度は遅い。

独特の強い香りを持ち、日本においては食用きのこの最高級品に位置付けられている。

なお、マツタケの仲間にはよく似たきのこが多数確認されており、採集、分類、購入の際には十分注意を要する。しかしながらほとんどは食用で、日本国内では毒キノコは確認されていないため、マツタケ特有の香りがあれば食用可能と考えられる。

なんか匂いが漂ってきますね!!  



インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
カテゴリ
過去記事
Mobile向けサイトはこちら